京つう

  ペット  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ちょんまる
ちょんまる
海水魚を飼育し始めて一年半。数々のドラマが水槽内で繰り広げられてきました。難しいけど楽しい海水魚飼育の世界を楽しんでいただければ幸いに存じます。
なおブログに記載しています飼育環境や条件は私の経験上のものですので鵜呑みにしないようにお願いします(^-^;

2009年05月01日

酸欠!?

最近60cm規格水槽の魚たちがよく☆になります。

すごくショックです。


それに原因がよくわからないので余計です。


水が合わなかった・・・?
カニ・シャコ・・・?
硫化水素・・・?


いろいろと考えましたが特定できずにいました。

しかし、ついに糸口が見つかりました!



この水槽には硝酸塩を分解するために還元濾過BOXなるものを設置しています。


この還元濾過BOXの嫌気層から硫化水素が発生しているのでは?

というのが濃厚になり、

っていうかそれ以外に考えられません。



亜硝酸塩、硝酸塩、pHも特に問題はありません。

硝酸塩は若干高め(30)ですが、魚が十分耐えうる範囲内です。



そこで還元濾過BOXの発売元の海水館さんに問い合わせてみると驚愕の事実が!( ̄□ ̄;)!!


この水槽ではエアレーションの役目も含めて「マメスキマー3」という小型スキマーを設置しています。


どうやらこのスキマーでは十分なエアレーション効果がなくて酸欠になっているのでは?

とのことです。


酸欠により十分な硝化分解作用が行われずに、還元濾過BOXから硫化水素の発生も!?



ということで、酸欠&硫化水素でお魚さんたちは☆となってしまったようです。


スキマーをつけていることで「エアレーションはできている」と

安易に思い込んでいました。



勉強になりました。



再度還元濾過BOXを設置してエアレーション強化して試してみます。

これでうまくいけばいいのですが・・・。




密閉式フィルターにエアーリフト式のスキマーを併用されている方はご注意ください。

詳しくは海水館さんのページをごらんください。
http://web1.kcn.jp/kaisuikan/kaisuikan/kizukinikui-suisou-toraburu/main.htm


同じカテゴリー(奮闘記)の記事画像
白点!
相次ぐ水槽事故
捕獲成功
pH
原因究明
リルスズメダイ ベビー アゲイン
同じカテゴリー(奮闘記)の記事
 白点! (2009-07-18 11:19)
 相次ぐ水槽事故 (2009-06-22 15:37)
 捕獲成功 (2009-06-18 23:29)
 pH (2009-06-17 12:02)
 原因究明 (2009-06-14 13:37)
 リルスズメダイ ベビー アゲイン (2009-06-07 15:56)

Posted by ちょんまる at 11:24│Comments(2)奮闘記
この記事へのコメント
溶存酸素を測定した事がありますが
マメスキマーなど他のプロテインスキマーもエアレーションは十分過ぎる程にされますよ

マメスキマーのマメウッドストーンの
泡は本体より外に出していましたか?

きちんと設置されていれば90cm水槽でも問題ないはずです。
Posted by わんじい at 2010年03月16日 06:51
コメントありがとうございます。
エアリフト式のスキマーは中の海水が効率よく入れ替わる事が大切ですね。
私は「つけておけば大丈夫」と過信してしまっていました(^^;
Posted by ちょんまる at 2010年03月22日 11:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。