京つう

  ペット  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ちょんまる
ちょんまる
海水魚を飼育し始めて一年半。数々のドラマが水槽内で繰り広げられてきました。難しいけど楽しい海水魚飼育の世界を楽しんでいただければ幸いに存じます。
なおブログに記載しています飼育環境や条件は私の経験上のものですので鵜呑みにしないようにお願いします(^-^;

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年04月29日

アレンズダムセル



アレンズダムセル

胴体のブルーがとても綺麗です。


気性の激しいスズメダイ系の中では温和な方です。


海水魚は体色がけっこう変わります。

このアレンズダムセルも店頭で見た色と、家に帰って水あわせをしているときの色では

まったく違います。

間違えたか!と思ったぐらいです。


水槽にもなれて落ちついてきたら体色も戻りました。


このアレンズダムセルは底砂を掘って巣を作る性質があります。

私の水槽は大きめのサンゴ砂なので大丈夫だと思いますが、

パウダーサンゴ砂などの場合、砂を巻き上げて、一緒に病原菌も巻き上げる可能性もあります。


スズメダイ計はけっこうどれも強い種が多いですが、

このアレンズダムセルも結構強いです。

そして大きくなるに従って気性も荒くなってくるらしいです。


ま。それ以上に大きな魚が居れば問題ないと思います。  


Posted by ちょんまる at 16:10Comments(0)サカナ