京つう

  ペット  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ちょんまる
ちょんまる
海水魚を飼育し始めて一年半。数々のドラマが水槽内で繰り広げられてきました。難しいけど楽しい海水魚飼育の世界を楽しんでいただければ幸いに存じます。
なおブログに記載しています飼育環境や条件は私の経験上のものですので鵜呑みにしないようにお願いします(^-^;

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年04月01日

水槽立ち上げ




海水魚をこれから飼いたい人のために、
水槽の立ち上げ方法を記載しておきます。


海水魚水槽の場合、濾過システムが重要になってきます。

つまり汚れた海水をきれいにするシステムです。


海水は、魚の糞尿や餌の食べ残しなどで、海水が汚れていきます。

それらを分解するのがバクテリアです。


つまり水槽内にバクテリアが繁殖していないと濾過システムが機能しません。

いくら濾過フィルターをつけてもそこにバクテリアが繁殖していないとだめなんです。


バクテリアが十分に繁殖して濾過システムが機能するようになった状態のことを

「水槽が立ちあがった」「水ができた」とアクアリストたちは表現します。


その「立ち上がる」までに最低でも2~3週間かかります。

完全に「立ち上がる」までは一年ぐらいかかるとも言われています。


立ち上がるまでは魚を入れると危険です。

有害物質が分解しきれずに魚が死んでしまうからです。


多くの初心者アクアリストが失敗するのがここです。


ペットショップなどで海水魚をみて飼いたくなって、その場で買って帰るとホボ失敗します。

親切なお店だと、初心者にその日に魚や生体は売りません。

ほぼ100%死んでしまうからです。



海水魚飼育の鉄則①

「水ができるまでは生体は入れない」  


Posted by ちょんまる at 19:09Comments(0)飼育