京つう

  ペット  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ちょんまる
ちょんまる
海水魚を飼育し始めて一年半。数々のドラマが水槽内で繰り広げられてきました。難しいけど楽しい海水魚飼育の世界を楽しんでいただければ幸いに存じます。
なおブログに記載しています飼育環境や条件は私の経験上のものですので鵜呑みにしないようにお願いします(^-^;

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年03月07日

ライブロック



水槽内に入れておく石です。
入れてあるだけでなんか海の中のような雰囲気になります。


でも効果はそれだけではありません。

石といってもただの石ではなく元はサンゴの死骸などで内部は多孔質になっています。
その中にいろんな生物が住み着いています。

その生物が海水のろ過に役立ちます。



海水水槽の場合は一番気を使わないといけないのが海水のろ過です。

水槽は海水魚の糞尿や餌の残りなどで段々と海水が汚れていきます。
汚れた海水を浄化しないといけません。


その一助となるのがライブロックです。

ライブロックに住み着いたいろんな生物、バクテリアなどが有害物質をそこそこ無害ま物質に換えてくれるわけです。
#濾過についての詳細はまたの機会に。


ただし住み着いているのは濾過生物だけではありません。

たまに有害な生物が付着しているものもありますので注意が必要です。



ライブロックは色や形、大きさは色々です。
値段もピンキリです。

写真は沖縄のお店から取り寄せたライブロックです。
2ヶ月ほど待ちました。

程よく石灰藻もついていてイイ感じです(^-^)

ライブロックは質の悪いものを入れてしまうと取り返しがつかなくなります。
そこそこ値段が高くても信頼できるお店から良い質のものを買うに限ります。


そう考えるとホント海水魚飼育は何かとお金が掛かります(^-^;  


Posted by ちょんまる at 14:43Comments(0)飼育